硬質地盤クリア工法

トップページ > 硬質地盤クリア工法:圧入のメカニズム

芯抜き圧入(砂礫・玉石層への圧入)

芯抜き圧入(砂礫・玉石層への圧入)

当社が独自に確立した「芯抜き理論」により、パイルオーガで最小限の掘削を行い、地中に芯をくり抜いた状態をつくり出します。

そしてパイルオーガを引き抜きながらその隙間に杭を圧入していきます。

掘削はあくまで圧入補助として最小限に抑えるので排土量は少なく、周辺地盤を乱さないため、強い支持力を持った完成杭を構築できます。

工程

先行掘削圧入(転石・岩盤層への圧入)

先行掘削範囲・芯抜き範囲

従来工法で岩盤層に杭を打設する場合、まず岩盤層を大きく掘削しながら排土して、そこに砂を充填したあと、杭を打設するのが一般的です。

しかしこれでは工費がかさみ、工期も長くなります。この欠点を、圧入機に装着されたパイルオーガで最小限の先行掘削を行ったあとに杭を圧入するという方法によってクリアし、岩盤層への圧入を可能にしました。

掘削と鋼矢板圧入を1台の機械で行えるため、きわめて効率のよい施工が可能となります。

また、先行掘削は完成杭の継手部をガイドとして行うため、高精度の掘削が可能となります。

工程
Page top